いよいよ今年も残り6日になりましたね!


前回の記事に引き続き外構工事について書いていきます。



11月に入り建物が完成しました!



IMG_0147

IMG_0148

IMG_0149


今回の工事は、工務店を通さず、お客様から直接頂いた依頼ですので

引き渡しが済んだ後の工事になります。



引き渡し完了後、工事に取り掛かりました。


まず、最初に建物の周りにブロック塀をつくる工事からです。



IMG_0169


ブロック塀の基礎をつくるために、重機による掘削作業です。

建物の近くを機械で掘りますので、建物に当たらないように慎重な作業が要されます。



掘削を終えると

砕石を入れ、締め固めるためのランマーという機械を使用し、路盤を固めていきます。


IMG_0167


砕石を入れ、締め固めることで

地盤を安定させ、ブロック塀の傾きなどを防ぐことができます。

こちらの作業を行わないと、不安定なブロック塀ができ、倒壊などの危険性もでてきますのでしっかり行います。



次は、配筋作業にとりかかります。

IMG_0201

枠を組んで、鉄筋を配筋していきます。

枠を組むのは、この中にコンクリートを流し込むためです。

また、周りの土がこぼれてきても、枠をすることでコンクリートと混ざらない役割を果たしてくれます。


IMG_0202

枠や鉄筋がキレイにできると気持ちがいいですね!



次は、コンクリートの打設作業になります。IMG_4153


コンクリートを流し込み、指定の高さになるように

きれいに均していきます!


この作業で手を抜くとあとで、ブロックを積み際に痛い目をみるので丁寧に行います。


コンクリートが固まるまで養生のため

2、3日空けます!



次は、いよいよブロック積みです!


つづく…