2020年10月

朝夕が冷える季節になってきましたね!


今回は田辺市へ『目隠しフェンス』の設置工事に行ってきました!


白浜まで高速が開通し、南の方に行くのに便利になりましたね。


当店から田辺市の現場までは高速で40分もかからないで到着しました
昔は、下道で国道を走り1時間以上かかっていたのが随分と楽になりましたね。


今回の現場は、もともとは庭を囲うように生垣のあったお宅でしたが
植木の管理をするのが大変になり、作業の省力化の為

目隠しフェンスを設置したいとのことで

知り合いの田辺の植木屋さんから
連絡をいただき作業することになりました!


施工前
unnamed


植木は田辺の植木屋さんが撤去し、当店は撤去後からの作業になります。


植木撤去後
IMG_5036[1]



フェンスの位置や高さを出し、穴を掘り
土台となる基礎石を埋めていきます!

IMG_5044
IMG_5046


基礎石を据えた後は、柱を立てていきます!


IMG_5047

柱が一直線に立つように水糸を張り
縦・横と水平をよく確認していきます!

この作業を疎かにすると、フェンスのパネルを設置した後
まっすぐに取り付けることができませんので気を使いながらの作業になります。


そして、最後にパネルを取り付け完成になります‼

IMG_5064


今回のフェンスはYKKAPのルシアスフェンスF01型を使用しました!

写真だと少しわかりづらいですが、木目調のフェンスになっており
建物の外観ともなじんでおり、お客様にもとても満足していただきました


最近は、木目調や樹脂の目隠しフェンスを取り付ける方が増えてきていますね!

目隠しフェンスにも、

・視線を完全に遮断型のフェンス
・視線を完全に遮断しているが風を通すルーバータイプのフェンス
・少し隙間の空いたフェンス
・デザイン性の高いフェンス
・樹脂を使用した目隠しフェンス


などなど、種類も非常に多く、機能性などの違いが分かりづらいかと思います。
種類が多く、悩まれる方も多いですが
フェンスの取り付け工事を検討している方は、ぜひ当店でもご相談ください!



晩稲婦人会の皆さんと秋の寄せ植えをしてきました。もちろん皆さん手の消毒とマスク着用での参加です。
季節の苗七つを角型のプランターにバランス良く植え込みました。
image
image
image

昨年美浜町で新築の家の外構作業させていただいた方から芝張りのご依頼。本日作業に行きました。
通常芝生の間隔少し空けて張る目地張りをするのですが、今回芝生余分にありましたので、間隔隙間空けずに張るベタ張りで施工しました。

写真 2020-10-12 9 31 14
写真 2020-10-12 9 31 19
メリットとしては、雑草が生えにくく早く芝生が仕上がります。
芝生の枚数が2割ほど多く必要となってしまいますけどね(^_^;)
写真 2020-10-12 11 27 33


今日の作業は近所でのカシの木の枝落とし作業。
樹高15m位の1/3程度の高さに枝を落とします。
隣には新築の家がありますので、枝を落とす方向間違ったらえらい事になります。

写真 2020-10-11 9 47 04

二連梯子で上まで登り、そこからまだ上に登っていきます。
写真 2020-10-11 14 22 45



切る枝にはロープを掛け、引っ張りながら慎重に落としていきます。
写真 2020-10-11 11 50 48

何とか予定通り無事終了です。

当地域は台風の影響もなく、昼前から良い天気となりました。
クロガネモチの株元に穴が空いてるので何とかならないか。と依頼受けてました。補修材料も入りましたので本日作業。
確認するとビックリするほどの穴の深さ。

写真 2020-10-10 11 20 12
写真 2020-10-10 10 57 04

まずは、腐っていたんだ箇所を取り除き、殺菌剤で消毒。また、アリ対策の薬と、土の中の虫用の薬剤等を撒き、そこには土を入れ、
写真 2020-10-10 13 20 33
写真 2020-10-10 13 19 33

その後発砲ウレタン注入。

写真 2020-10-10 13 56 08

外側には、今回初めて使用する抗菌剤入り樹木補修・保護材「ウッディドクター」を使いました。
これは、硬化後雨水を通さず水蒸気や空気を発散・呼吸する人工樹皮となります。
写真 2020-10-10 15 22 10
写真 2020-10-10 15 25 33

初めて使用するのでどれだけの効果があるのか実際に見ていきたきと思います。

写真 2020-10-10 16 44 22
写真 2020-10-10 16 44 09

↑このページのトップヘ